読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

個人投資家はゲリラ戦

普通の個人投資家がどうやったらうまく運用できるか?みたいな普通の話を書いています。

今すぐ読者登録してゲリラになろう!

トラリピ×日経225証拠金取引

投資信託否定派の俺が真剣に投資について考えた

「株で300万以下の戦う個人投資家」FBページもよろしくお願いします。

https://www.facebook.com/groups/471285429720095/

 

個人的には、「自分で考えて、複数銘柄もったらええやんけ」って一言に尽きるんですが、やっぱり投資信託についての信仰というか安全神話みたいなものをよく聞くし、実際「個別銘柄だと不安だったから」とやっちゃってる友人とかも多いので真剣にいろいろ考えてみました。

 

f:id:k300:20160625020543j:plain

投資信託なんて結局無駄だろ

僕が、投資信託とかに否定派なのは投資信託には「プロに任せる」という名目で手数料が別でかかっていて無駄だと感じるからです。

 

手数料って何だよ

投資のプロが運用するとうたうアクティブファンドなんかだと、1~2%くらいの信託報酬を取られます。インデックスファンドだと0.30~0.70%で済みます。でも、だったら個々人で自分で株買ってろよって思うんですよね。

 

ただ、コレは僕自身が株式投資自体に慣れていて自分で投資できるからなんだと思います。投資初心者の方は意思決定するまでのプロセスが大変で、その部分がわかりやすいという意味では投資信託は初心者向けだとは言えそうです。

 

インデックス買う意味あるの?

対してインデックスファンドは、日経平均株価等の指標に合わせた動きをするように資産を買っている投資信託なので、手数料が少なく分かりやすいアセットアロケーションになっているため、投資アドバイスのプロからの評価が高い印象があります。

 

投資信託しか買えないなら、「インデックスファンド」を買うというのは僕も賛成です。ただ、実際は個別銘柄を自分自身で買える訳で手持ちの投資資金で最小単位で分散投資しとけばいいじゃないと思うのです。

 

何を買うか?が大事

何を買うか?が大事なら自分で選べば無駄がなくて一番だと思うんです。ただ「何を買うか?」に悩むというのは投資において大切だと思うんですが、ここを毛嫌いする人が投資初心者に多い気がします。

 

厳しい事を言うようですが、「だったら貯金でもしてろ」って言いたいのです。

 

投資信託の良さ

ただ、ここまでの意見はあくまで「株式投資に抵抗がない人」の意見であって、株式投資に対して難しさを感じている人にはいきなり到達できない領域にあるのだと思います。

 

ざっくりした投資先のイメージで良い

投資信託の初心者向けな部分は、投資先が分かりやすいことだと思います。例えば、新興国に投資したい場合は「新興国」というキーワードがあるものを選べば投資先をチェックしたら分散されている状態の投資が出来ます。

 

いくらのお金を、どの配分でつぎ込むか?をある程度決めたら難しく考えなくてもそれなりな投資ができるという点では個別銘柄の株式投資よりもハードルは低いと思います。

 

少額でできる

少額の投資資本でもバランスの取れた投資が実行できるというのも強みです。これは、個別銘柄の投資だとなかなか難しい部分にもなるのではっきりした投資信託の強みだと言えます。

 

個別銘柄だと、まともに割安株投資をしようと思うと1つの銘柄で最低5万円以上は必要になってくるので、少ない手取り資金から投資に挑戦したいという人には投資信託が有利と言えます。逆に無理して1万円で買える個別銘柄を探すと割安株投資のつもりがクズ株投資になってしまうというリスクがあるとさえ思います。

 

初心者が投資信託で投資に挑戦するには

タネ銭を作る

まずはしっかりとした原資を用意するというのが当たり前ですが重要になってきます。予めどういった資産を、どれだけの配分で買うのかというのを決めて最小単元の投資資本を逆算しましょう。

 

これから成長する国への投資、日本への投資、これから成長する産業への投資等、最低幾つの投資信託に投資するのかをヤフー・ファイナンスなどで具体化するのが大事かと思います。

証券会社によって買える投資信託は変わってきますが予め調べる事は重要なファクターです。

投資信託 - Yahoo!ファイナンス


 

手数料を抑える

投資信託に強い証券会社を選ぶというのも選択肢として選べる時代になっているので、中堅どころの証券会社を選ぶというのも良いと思います。

選ぶなら、フィデリティ証券

 

フィデリティ証券だったらリンク先にもある通り投資信託の購入時手数料が0%で始められる「スタート0%プログラム」があります。

既に個別銘柄等で証券会社を利用している方も、サブの口座として投資信託に強い証券会社の口座開設はあってもいいと思います。

 

時代に合わせてバランスを見直す

どんな市場でも良い時と悪い時が必ずあって、個人的には概ね悪い時にビビりながら投資しておくと結局利益につながる気がします。いうなれば、きちんと良い時にあきらめて挑戦的に悪い市場に資金を巡らせていくというのが大事になるかと思います。

 

良い時代も悪い時代も続かないので、その時その時で購入している投資信託のアセットバランスを見直すというのが上手にならないと結局個別株でも成功しないと思います。

 

 

ってことで、EUからのイギリスの離脱で意気消沈している人も、コレを一つ節目に思った投資童貞の方々のためにあらためて初心者の投資方法としての投資信託について真面目に考えてみました。

 

【現在このくらいの人気があります】


Facebook ブログランキングへ

 

【ツイキャスアカウントはこちら】

twitcasting.tv